映画『ゴジラvsコング』ネタバレあり感想|大味!!!

スポンサーリンク
ゴジラvsコング 2021年新作映画

絶賛上映中の映画『ゴジラvsコング』を観てきました。

ひと言で言えば「大味!」な映画で、とくに言うこともないんだけど無理矢理感想を書いていきます!

 

過去の感想はこちら↓

 

スポンサーリンク

『ゴジラvsコング』の概要

ハリウッド版「ゴジラ」シリーズの「GODZILLA ゴジラ」(2014)、「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」(19)と、「キングコング:髑髏島の巨神」(17)をクロスオーバーして描く「モンスターバース」シリーズの第4作で、ゴジラとキングコングという日米の2大怪獣が激突する。モンスターの戦いで壊滅的な被害を受けた地球。人類は各地で再建を計り、特務機関モナークは未知の土地で危険な任務にあたりながら、巨大怪獣のルーツの手がかりを掴もうとしていた。そんななか、ゴジラが深海の暗闇から再び姿を現し、世界を危機へ陥れる。人類は対抗措置として、コングを髑髏島(スカルアイランド)から連れ出す。人類の生き残りをかけた戦いは、やがてゴジラ対コングという未曽有の対決を引き起こす。監督は「サプライズ」やNetflix実写版「Death Note デスノート」などを手がけたアダム・ウィンガード。出演はアレクサンダー・スカルスガルド、レベッカ・ホール、「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」から引き続き登場するミリー・ボビー・ブラウン、カイル・チャンドラーほか。また、「GODZILLA ゴジラ」「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」で渡辺謙が演じた芹沢猪四郎博士の息子・芹沢蓮役で小栗旬が出演し、ハリウッドデビューを飾った。

2021年製作/114分/G/アメリカ
原題:Godzilla vs. Kong
配給:東宝

引用元:映画.com

監督:アダム・ウィンガード
製作:メアリー・ペアレント、アレックス・ガルシア、エリック・マクレオド、ジョン・ジャシュニ、トーマス・タル、ブライアン・ロジャース
製作総指揮:ジェイ・アッシェンフェルター、ハーバート・W・ゲインズ、ダン・リン、ロイ・リー、坂野義光、奥平謙二
原案:テリー・ロッシオ、マイケル・ドハティ、ザック・シールズ
脚本:エリック・ピアソン、マックス・ボレンスタイン
撮影:ベン・セレシン
美術:オーウェン・パターソン、トーマス・S・ハモック
衣装:アン・フォーリー
編集:ジョシュ・シェファー
視覚効果監修:ジョン・“DJ”・デジャルダン

出演:アレクサンダー・スカルスガルド、ミリー・ボビー・ブラウン、レベッカ・ホール、ブライアン・タイリー・ヘンリー、小栗旬、エイザ・ゴンザレス、ジュリアン・デニソン、カイル・チャンドラー、デミアン・ビチル、ランス・レディック、ケイリー・ホトル

 

予告編はこちら↓

 

個人的評価:68点

 

ここから感想文(ネタバレ注意!)

『ゴジラvsコング』を観た僕の感想をザックリ書いていきますが、この先ネタバレにも触れるので何も情報を入れずに映画を観たいという方は、まず先に映画を観てから読んでください!

 

ゴジラのインフレ化

顔

「キングコングvsゴジラをハリウッドでやるらしいよ!」って最初に聞いたときは「まじぃ?!!」なんつって興奮したものですが、いざ映画が公開になる頃には最初の興奮もずいぶん冷めておりまして。

というのも、一連の『モンスターヴァース』映画を観ていくにつれて、観てるこっち側がゴジラに慣れちゃったってのがでかいんじゃないかと思うんです。
慣れちゃったというか飽きちゃったというか。

2014年のハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』は超楽しみに映画館に観に行って、ゴジラの登場シーンでは「で…でけぇぇぇ…」とめちゃくちゃ興奮した覚えがありますし、2017年『キングコング:髑髏島の巨神』もめちゃくちゃ楽しかったし、この時点でキングコングvsゴジラを今後やるって情報を知ってワクワクしまくってたんですけど。

2019年の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』でハリウッド版ゴジラvsキングギドラが観れるっつって期待しまくってたのに、いざ観てみると「あれ?」って感じで。

で、今回『ゴジラvsコング』を観て「あれ?」の原因が明確になったんですけど、「やっぱり飽きている!!」ってことなんですよね。

特に怪獣映画に詳しくもないド素人の意見なんですけど、こういう映画って登場シーンこそ全てっていうか、出てきた瞬間に「デカ!!これ人間終わった・・・」みたいな恐怖と興奮と感動と絶望が入り乱れるみたいな、とにかく登場シーンで衝撃を受けたいんです、僕は。

でも嬉しいことにこの短いスパン(短いのか?)でこんな超大作の怪獣映画を観れてしまうというのは、反面、やっぱり観飽きちゃうし怪獣様を拝めるという感動も薄れてしまうんです。

それでも予告編を初めて観てゴジラとキングコングが殴り合ってるのを観たら「おぉ!」って興奮はしたんですけど、結局それがピークで実際に映画観てもその興奮は越えれなかったなぁって思いました!

とは言えバカみたいに真正面からゴジラとキングコングの殴り合いを見せてくれたのは楽しかったし、それはもうちゃんとド迫力でしたよ!バカみたいだったけど!

 

真面目に観るのを辞めた瞬間

小栗旬

メカゴジラ出てきた瞬間、真面目に観るのを辞めました。
呆れたとかそういうわけじゃないんだけど、サービス満点過ぎて「食べ切れない」って諦めたんです、きっと。

あと、メカゴジラ出て来たってことはゴジラとキングコングのバチバチのタイマンはもう無いってことねって、実は結構ガッカリしちゃいました。
なんだかんだで何気に勝敗の行方を楽しみにしてたってことでもあるんだけど。

そして何より、皆さんどう思われているのか知らないんですけど、この映画で一番驚いたのは小栗旬の雑過ぎる扱いです。
渡辺謙的な超おいしい役なのかと思ったら、めちゃくちゃ中途半端すぎる小悪党というか。
白目剥いてニヤついていたっていう印象しかないんですけど。
英語の発音がどうとかってのは分かんないんだけど、セリフも少なくて、無口というより会話に参加させてもらえないみたいな感じだったし。

小栗旬のファンだったことは一度もないし好きでも嫌いでもなかったんだけど、これを観た小栗旬ファンはどんな思いだったんでしょうか?
これでいいの?
そして何より小栗旬本人は本当にこれで納得しているのか?と、映画の内容よりも小栗旬に思いを馳せてしまいましたよ。
絶対に相当気合入れて撮影に臨んだだろうに、「俺たちの小栗旬をこんな扱いするなんて許さん!!」とファンでもないのに憤慨してしまいました。
こんなはずじゃなかっただろうに。

 

総評

コング

大味でツッコミどころしかないような映画ではあるんだけれども、別にそれでいいんだと思います!

過去作へのリスペクトも至る所に散りばめられているし、メカゴジラはトランスフォーマーみたいだし。

あと、メカゴジラを止める方法には度肝を抜かされました!
どんなハッカーも思いつかない超斬新なパスワードの破り方でしたね!

 

そんな感じの『ゴジラvsコング』は、絶対映画館の大スクリーンで観た方がいいですよ~

 

その他にも感想を書いているので興味があれば是非!↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました