映画『ストリートファイター』ネタバレあり感想|超つまんないけどコスプレ精度はなかなか高い!

スポンサーリンク
ストリートファイター 2021年に観た旧作

U-NEXTで配信中の映画『ストリートファイター』を観ました。

ストⅡを基に製作された実写映画です。

明らかにヤバそうな雰囲気はプンプンしてますが、やっぱりヤバかったです!

 

スポンサーリンク

『ストリートファイター』の概要

ゲームソフトの世界的なベストセラー、『ストリートファイターII』をハリウッドで実写映画化したSFアクション。監督・脚本は「ダイ・ハード1、2」「フリント・ストーン モダン石器時代」などの脚本を手掛け、本作が初監督となるスティーヴン・E・デ・スーザ。製作は「運命の逆転」「クロウ 飛翔伝説」のエドワード・R・プレスマンと、『ストリートファイター』シリーズのゲームメーカー、カプコン社長の辻本憲三。撮影は「ローズマリーの赤ちゃん」「透明人間(1992)」の名手ウィリアム・A・フレイカー。音楽は「クロウ 飛翔伝説」「ハード・ターゲット」のグレアム・レヴェルがスコアを書き、ハマー、アイス・キューブ、パブリック・エネミーら豪華アーティストが楽曲を提供。美術は「タワーリング・インフェルノ」「ポセイドン・アドベンチャー」のウィリアム・J・クレバー、アクション場面の擬斗は「ダイ・ハード1、2」のチャーリー・ピサーニがそれぞれ担当。出演は「ハード・ターゲット」「タイムコップ」の活劇スター、ジャン・クロード・ヴァン・ダム。本作が遺作となった「蜘蛛女のキス」「プレイグ」のラウル・ジュリアを始め、「ジョイ・ラック・クラブ」のミンナ・ウェン、「ジェロニモ(1994)」のウェス・ステューディ、オーストラリア出身のポップシンガーのカイリー・ミノーグ、「モーリス」「フォー・ウェディング」のイギリスの名優サイモン・カラウ、日本の新進俳優の沢田謙也ら、国際色豊かな顔触れが脇を固める。日本公開ではオープニング・フィルムとしてCHAGE&ASKAが歌う挿入歌『Something There』(ランディ・セント・ニコラス演出)のプロモーション・フィルムが上映された。

1994年製作/103分/アメリカ
原題:Street Fighter
配給:コロンビア トライスター映画

引用元:映画.com

監督:スティーブン・E・デ・スーザ
脚本:スティーブン・E・デ・スーザ
製作総指揮:ティム・ジンネマン、会田純、サシャ・ハラリ
製作:エドワード・R・プレスマン 、辻本憲三
撮影:ウィリアム・A・フレイカー
美術:ウィリアム・J・クレバー
音楽:グレーム・レベル
編集:アンソニー・レッドマン、ロバート・F・シュグリュー、エドワード・M・アブロムス、ドン・アーロン
衣裳デザイン:デボラ・クレイマー
字幕:菊地浩司
編集スーパーバイザー:ドブ・ホウニグ

出演:ジャン=クロード・バン・ダム、ラウル・ジュリア、ミンナ・ウェン、ダミアン・チャパ、カイリー・ミノーグ、サイモン・キャロウ、ロシャン・セス、ウェス・ステューディ、バイロン・マン、グランド・L・ブッシュ、ピーター・ネイビー・トゥイアソソポ、ジェイ・タバレ、アンドリュー・ブリニアースキー、グレッグ・レインウォーター、ミゲル・A・ニューネイス・Jr.、ロバート・マモーネ、沢田謙也

 

予告編は見つからず。

 

個人的評価:28点

 

ここから感想文(ネタバレ注意!)

『ストリートファイター』を観た僕の感想をザックリ書いていきますが、この先ネタバレにも触れるので何も情報を入れずに映画を観たいという方は、まず先に映画を観てから読んでください!

 

ストⅡの実写化

ストⅡの実写映画。
日本公開は95年。
当時10歳だった僕からしても、「これは危ないぞ!」と警戒して観るのをパスしていた記憶があります。

26年越しに観た感想は「これは危ないぞ!」でした。

 

主人公はヴァンダム演じるガイル。
ガイルが主人公なの?!とか思ったけど、どうやらアメリカではガイル人気が高いという情報をどこかで見たような見ていないような。

あと絶妙に気持ち悪かったのが、微妙にキャラの名前が入れ替わっていること。

ベガ→バイソン
バルログ→ベガ
バイソン→バルログ

てな具合に。
他のキャラはそのままの名前というなんとも気持ち悪いことになってて、観てる間中ずっとそれが気になってノイズになっちゃってました。

けど、後々調べたら北米版のストⅡがそもそもそういう名前になってるんだとか。
理由についてはWikipediaとかで調べてみたらどうでしょうか。
自分の無知を棚に上げてノイズになるとか言って申し訳ございませんでした。
その点については心よりお詫び申し上げます。

 

再現度は高い

で、肝心の映画のデキの方はどうかと言うと。

コスプレは超がんばってる!

って感じでした。

微妙なキャラもいるっちゃいるけど、特に四天王&ザンギエフあたりは完璧なんじゃないかと僕は思っているんです。
特にこれが遺作なったラウル・ジュリア扮するバイソン将軍(ベガ)の得体の知れない不気味さみたいなのは最高です。
これが遺作とはかわいそうな気もしなくも無いけど、その存在感だけは確実に残せているのでは。

 

主人公ガイルはそのまんまヴァンダムなのはあれですが、キレッキレのヴァンダムは普通にカッコいい!
ベルギー訛りが酷いとか酷評されておりますが、英語の分からない僕には関係ないので問題なし!

あとはこの中にカイリー・ミノーグが紛れ込むと超輝いて見えるってことぐらいですかね。

 

目立たな過ぎて忘れがちですが、一番ヤバイと思うのはケンな気がします。
赤い胴着を着たただのアメリカ一般人のおっさん。
これが一番ヤバイ。

 

でもトータル超つまんない

ストーリーに関しては、別に面白くもなんともないって感じです。

サガットの密売武器を爆破した直後にどういうわけか春麗たちが捕まっていたり、リュウ&ケンの立ち位置がいまいちよく分かんなかったり、最後急にダルシム博士がダルシム化してたり、キャプテン・サワダは何なんだってことだったり、ツッコミどころはもちろん満載です。

そもそも何も期待していないので、面白くなくても大して怒りも湧かないのが唯一の救い。

あとエンドロールのポップ・クイズ。
歴史上最もつまらないのでは。

 

総評

ヤバそうな企画を期待通りヤバく仕上げてくれた映画でした!

でもゲームのキャラをしっかり再現しようとしている努力は超見えるし、思ったよりは全然良かったです。

ラスト、要塞爆発したところで全員で謎の決めポーズで終わる感じは、そこだけ取ればトップクラスで好きな終わり方かも。

 

そんな感じで、観る価値は全く無いけどU-NEXTで配信されてるんで観てねー



コメント

タイトルとURLをコピーしました