1日1本映画感想文46本目『アンビュランス』

スポンサーリンク
アンビュランス 2022年に観た新作

ほぼパソコンの前に座って終わる最高のGW。

 

これまでの感想はこちら↓

1日1本映画感想文ランキング【現在52本】
毎日の活動まとめです。 取り上げた全映画のランキング【全52本】 1位:JUNK HEAD(37日目)100点 2位:シャドウ・イン・クラウド(47日目)98点 3位:コーダ あいのうた(31日目)96点 4位:偶然と想像...

 

『アンビュランス』

ポスター

初公開:2022年3月25日(日本)
ジャンル:アクション、サスペンス、犯罪
製作国:アメリカ
上映時間:136分
監督:マイケル・ベイ
脚本:クリス・フェダック
出演:ジェイク・ギレンホール、ヤーヤ・アブドゥル=マーティン2世、エイザ・ゴンザレス

 

だいたいのストーリー

救急車

強盗が救急車を奪って逃げる。

 

評価&感想

救命士

86点(46本中14位)

マイケル・ベイ時折凄いホームラン打つけど、これもホームランでした。

カーチェイス!銃撃戦!治療!
カーチェイス!銃撃戦!治療!
撃つ!後悔!助ける!
撃つ!後悔!助ける!

これが2時間ノンストップで続く。
飽きそうで全然飽きないのが凄い。

次々と新キャラが出てきて、どのキャラも地味なのに個性的という謎かつ奇跡のバランス。

端的に言うと馬鹿で面白い、それすなわち馬鹿面白い。

冒頭の救急救命シーンの緊迫感からしてすでに凄い。
子供のあの生々しい感じってあんまり観たことないかも。

映画の途中から、逃げたいのか人命救助したいのか、目的が何が何だか分からなくなるんだけど、「全部したい」が正解。

ウィル(ヤーヤ・アブドゥル=マーティン2世)は良い人みたいになってるけど、頭の片隅で常に「でもコイツしっかり銀行強盗してるし、警官撃ったのもコイツなんだよなぁ」なんて考えながら観てしまう。
それでも「余計なこと考えんな!」って感じでマイケル・ベイに引きずり回されるもんだから、最終的には涙を流して「イイモン観た!」って気にさせられる。
冷静に考えたらいい話でも何でもないのに!
撃たれた警官も「この人は命の恩人だ」じゃないよ!
マッチポンプってこのことを言うんだな。

でも結局のところ超面白かったから何でもいいや。

あとエンドロールの短さが異常!!
最後まで最高!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました