1日1本映画感想文31日目『コーダ あいのうた』

スポンサーリンク
コーダ あいのうた 2022年に観た新作

1日1本映画の感想を書いています。
良く休みます。

毎日の活動まとめ↓

1日1本映画感想文ランキング【現在52本】
毎日の活動まとめです。 取り上げた全映画のランキング【全52本】 1位:JUNK HEAD(37日目)100点 2位:シャドウ・イン・クラウド(47日目)98点 3位:コーダ あいのうた(31日目)96点 4位:偶然と想像...

 

『コーダ あいのうた』

ポスター

初公開:2021年1月28日(サンダンス映画祭)
日本公開:2022年1月21日
ジャンル:ドラマ、コメディ、音楽
製作国:アメリカ、フランス、カナダ
上映時間:111分
監督:シアン・ヘダー
出演:エミリア・ジョーンズ、エウヘニオ・デルベス、トロイ・コッツァー

 

だいたいのストーリー

ルビー

聴覚障害を持つ父・母・兄と、健聴者の妹の4人家族の話。
妹は歌がうまい、すごく。

 

評価&感想

家族

96点(31本中1位!)

この先どんな展開が待っているのかとか何となく想像できるし、実際起きることは想像からそれほど外れてないことしか起きないのに、なぜにこんなに泣かされてしまうのか。

主要登場人物が全員「生きた人間」としてとんでもなく魅力的に描かれているので、全員のことをそれぞれ自分事として観てしまっていたからでしょうかね。

主演のエミリア・ジョーンズ演じるルビー。
猫背で内気、だがめちゃくちゃたくましい!そしてふてぶてしい!それでいてチャーミングが炸裂していてもう最高。

家族もひとりひとりキャラが立ってて良いし、先生も最高。
もう全員最高なのだ。

終盤にかけての「いくらなんでも都合良過ぎだろ!!」な展開はご愛敬。
もうこの時点でこの映画のことは大好きになっているので、大いに目をつぶります。

唯一不満が残ったのは、コンサートのシーン。
映画を観ている誰もが息を飲むであろうあの演出が始まった途端、物凄い勢いと足音で席を立って外に出て行く客が。
このタイミングだけは勘弁してくれ!!と内心思いましたが、小便我慢できなかったのか大事な電話でもかかってきたのか、人にはそれぞれ事情はあるでしょうし、これもまた映画館で映画を観る醍醐味の一つだと自分を納得させました。

クソムカついたけど!

コメント

タイトルとURLをコピーしました