1日1本映画感想文20日目『マザー/アンドロイド』

スポンサーリンク
マザー/アンドロイド 2022年に観た新作

ほぼ毎日、1日1本映画の感想を書いています。

毎日の活動まとめ↓

1日1本映画感想文ランキング【現在54本】
毎日の活動まとめです。 取り上げた全映画のランキング【全54本】 1位:JUNK HEAD(37日目)100点 2位:シャドウ・イン・クラウド(47日目)98点 3位:コーダ あいのうた(31日目)96点 4位:偶然と想像...

 

『マザー/アンドロイド』

ポスター

初公開:2021年12月17日(Hulu・アメリカ)
日本公開:2022年1月7日(Netflix)
ジャンル:SF、サスペンス
製作国:アメリカ
上映時間:111分
監督:マットソン・トムリン
出演:クロエ・グレース・モレッツ、アルジー・スミス、ラウル・カスティーリョ

だいたいのストーリー

妊娠したタイミングで人類がアンドロイドに反逆される。

評価&感想

79点(20本中9位!)

ジョージア(クロエ・グレース・モレッツ)とサム(アルジー・スミス)の意見が全く合わないことにイライラ。
特にサムが「死んでもいい」みたいな威勢のいいこと言うだけ言って全く頼りにならないのもムカつく。
後先考えずに行動して全部失敗している。

ボストンの発電所?でアンドロイドに囲まれるシーンは、何を目的に何を目指して行動しているのかよく分からないし、何をどうすれば成功なのかよく分からないし、結局何がどうなったのかもよく分からないし、つまりはよく分からない。

それなのに!
ラスト、韓国行きの船に乗る乗らないのくだりはそれはもう心震えましたよ。
『ラ・ラ・ランド』よろしく、あったかもしれない別の未来を見せられたらそんなの泣くでしょ。
これはもはや『ラ・ラ・ランド』。
いや、正確には『ラ・ラ・ランド』の廉価版。
ズルい気がしてきた。

でも確かに感動したし、アンドロイドのアジトに乗り込んだ時のドキドキハラハラも良かったし、アイツの正体が判っていく過程も今思い出すと凄い良かった気もする。

あとは、サムが兵士の頭蓋骨骨折させた上に失明させた様は見せてほしかった。
その前にも後にも、サムがそんなに無双であるような描写がないのに、なぜかあの時だけ暴走しているのが普通に怖い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました