1日1本映画感想文10日目『ザ・シューター/極大射程』

スポンサーリンク
ザ・シューター極大射程 2021年に観た旧作

ほぼ毎日、1日1本映画の感想を書いています。
毎日なので内容は極大薄め。

 

毎日の活動まとめ↓

1日1本映画感想文ランキング【現在24本】
毎日の活動まとめです。 取り上げた全映画のランキング【全24本】 1位:偶然と想像(14日目)95点 2位:ドント・ルック・アップ(9日目)93点 3位:マリグナント 狂暴な悪夢(24日目)91点 4位:ブルータル・ジャス...

 

『ザ・シューター/極大射程』

ポスター

初公開:2007年3月23日(アメリカ)
日本公開:2007年6月1日
ジャンル:アクション、サスペンス
製作国:アメリカ
上映時間:124分
監督:アントワーン・フークア
出演:マーク・ウォールバーグ、マイケル・ペーニャ、ダニー・グローヴァ―

だいたいのストーリー

退役したスナイパーが嵌められる。

評価&感想

78点(10本中5位!)

まずは邦題のB級映画感が最高。
躊躇なくガンガンぶっ殺していくのもいい。
なんならケイト・マーラまでショットガンで悪党撃ち殺すんだから。

マーク・ウォールバーグ演じるスナイパーが絶対標的を外さないのもいい。
当たるか当たらないかみたいな無駄な演出は無く、彼がライフル手にすればお前はもう死んでいる状態。

マイケル・ペーニャの新米感もいい。
車イスのアイツのガッカリ感。(ラスボスだと思って観てた)

そして何より、胸糞悪い悪党どもの死にっぷりがみんないい。

とっても景気の良い映画でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました